スポンサーサイト

Posted by SNOW on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師も過酷だが医師はもっと過酷な今の医療現場について

Posted by SNOW on 05.2007
Category : 日記
Tag :日記 看護
ひさびさですが、なんとか生きてます^^;

さて、タイトルにもありますが看護師は過酷な勤務条件で決してそれに見合った待遇を受けていないというのが現実です。

一般的な看護師に対する認識としては(あくまでも自分の周りのです)

・高給取り
・社会的に信用がある
・賢い
・女性が多く華やか

といったところでしょうか。

もちろん過酷な夜勤や汚い事も労働内容に含まれていることも周知の事実だとは思いますが、それよりも先に挙げたことの方が少なくとも自分はよく言われます。

現実、結構ハードですよ。

自分の経験では一番ハードだったのは

朝から夕方まで勤務→夕方からは当直勤務→翌日は早番勤務

っといったもので、労働時間に直すと実に31時間以上に及ぶものでした(一応休憩時間も含まれてはいますが・・・)

このなかで当直勤務というのは夜間の急患がこなければ何も無いので寝ていてもOKというものでしたが、このときの勤務先では夜間の急患イコールAMIか溢水での緊急HDでしたので、いつくるかも分からない状況で自分は全く寝ることができていませんでした。

休日も少なく、賃金もかなりの低賃金でしたが自分の勉強したい分野でしたのでなんとか1年以上は勤務を続けましたが体力的にも精神的にも限界となり退職を決めたような次第です。

以前のブログ(男性看護師SNOWの日記:リンクからとべます)でも、この内容を書きましたが、なぜ今になってもう一度書いたかというと、相互リンクさせて頂いていますナースマンの病棟日誌様でこの内容の記事を読んだ為です。そしてナースマンさんも別の方の記事の紹介をなさっていました。

ここでもう一度タイトルに挙げていることを書きますが、医師はもっと過酷で重労働だというのが現実です。

現在SNOWが勤務している病院のDr.も日勤→当直→外来勤務といったのが一連の流れ(1セット)になっているようです。

大体30名~50名位の急患が来られるようですので睡眠時間もほとんどないのではないかと思います。もちろん病棟の患者さんのことでTELもかかってくるでしょうし・・・。

SNOWが就職した時から気さくに話しかけてくださり、患者さんに対しての接し方も看護師に対しての接し方も素晴らしいDr.がいます。しかし、そのDr.がふとした時にこんなことを言われました。

「遅くまで残業するのがアホらしくなった」

「定時には帰ることにした」

「あー、イライラする」

今まででは考えられないような言葉の数々を言われるようになってきたのです。ストレスからくる一時的なものかと思っていましたが、いまだ続いていることから考えるに、気力や情熱といったものが一気に冷めてしまった印象を受けています。

そのDr.は内科医(専門科は伏せます)なのですが、うちの病院でも間違いなく一番多忙な科だと思います。勤務医が慢性的に足りておらず、しかし入院患者数はTOPであり、現在の精神状態になったのではないでしょうか。
同じ科のDr.でもっと年長の方も昔を知るベテランNS曰く、昔はああではなかったという言葉をよく耳にします。こうしてせっかくの素晴らしい医師が変わっていってしまうのは辛いですし、今後も現れるのは避けられないのかとさえ思います。

医療費の制度が変わり病院の収入が減り、結果人件費を削減する。そうすることで医師や看護師に負担がかかる。その結果良質な医療を提供することができず、医療事故や満足度の低下につながる。

このままではいつまでたっても悪循環の繰り返しなのではないでしょうか・・・。

少なくとも現状の体制(SNOWの勤務病院)では明るい未来(医療を提供する側と受ける側双方の)はないと思っています。
スポンサーサイト

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

訪問頂き有難う御座います!

タグクラウドとサーチ


最近の記事+コメント

プロフィール

SNOW

Author:SNOW
とある男性看護師です。

☆趣味☆
●スノーボード&ロングスケートボード
●ガジェット弄り
●映画&DVD鑑賞
●音楽鑑賞(レゲエ・スカ・メロコア・パンク・R&Bなど色々でインディーズが多い)
●料理

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。